ドレステリアパーカーのサイズ感|おしゃれさんはどう着てる?

ドレステリアのパーカーについて、サイズ感に迷う女性は多いと思う。

うちのかみさんもここのパーカーを着てるんだけど、かなりタイトなサイズ感だったので購入時に迷ったとのこと。

見た目から結構な細身具合なのが良く分かる。確かに着用せずに購入する場合、サイズ選びに迷うところ。

本日はドレステリアパーカーのサイズ感に関して、筆者目線で感じたことを書いていこうと思う。

スポンサーリンク

ドレステリアパーカーのレビュー(レディース)

ドレステリアのパーカーについて、かみさんの私物を元にレビューすることにする。

今回の対象品のコンディションについては、新品購入から2、3回着て洗濯を1回した状態になる。

洗濯機にかけることで若干縮みが入り、パーカー生地表面にも良い意味で表情がついてきた感じ。

着続けることで味が出る素材の良さ

ワールドのオンライン通販に記載のある、ドレステリアパーカーの商品説明内容を抜粋してみる。

DRESSTERIOR定番のアイテムです。スウェットを生産する際に一般的に使用される機械と比較すると、最高でも5%程度しか生産できない、貴重な“吊編み機”を使用して作られています。糸を無理矢理引っ張ることなく、ゆっくりと編み上げるため、生地自体が空気を含みふっくらと仕上がります。WORLD

手編みのような風合いを感じさせるのは、日本でも貴重な吊編み機で作っているからなのだろう。

私が持っている、私物のレミレリーフのスウェットに共通するものを感じる。

ヴィンテージスウェットに使用されるものと同様の吊編み機だと思うが、ゆっくり編み込まなければいけない分、大量生産には向かない。

でも、独特の風合いを出すにはこの吊編み機でないとダメなんだろう。

何年も着続けることができる独特の風合いは、16,000円という価格を出しても正直高いと思わない。

サイズ感に重要な生地の「厚み」

ドレステリアのパーカーは、サイズ感を気にする前にまずその生地の厚みに注目してほしい。

というのも、パーカーをインナーとして活用することを考えたら、キツめのサイズ感で購入するのが正解になる。

特にレザージャケット等の下に着ることを考えると、ジャストサイズかもしくは1サイズダウンというのが正解な着こなしになりそう。

余裕のあるサイズを選んでしまうと、アウターを着た時にモコモコ感が気になってしょうがない。

個人的にドレステリアのパーカーサイズ感はピッタリ以下、少しキツメのものを合わせるのが良いと感じた。

一枚で主役になれる存在感

ドレステリアのパーカーを選ぶ際に、サイズを落として着ることを推奨する理由はもう一つある。

旧式の貴重な吊編み機で織られるスウェットの風合いは、まさにヴィンテージスウェットと同様のエイジングが期待できる。

着込めば着込む程に身体に馴染むサイズに落ち着いてくるような。

1サイズ落とすという表現が正しいか難しいところではあるも、余裕あるサイズ感のものを買うのはNG。

フードの立ち方が理想的と評判が高いのは、元々の生地の厚みによるところも大きい。

ドレステリアのパーカーはインナーに活用するモノというよりも、これ一枚で出かける季節の方が良いのかな?

着込んでいくうちに自分の身体の一部のような、そんな存在になれるものはそうあるものでもないはずだ。

街でおしゃれな格好してるなーとか見てると意外に袖口に「D」マークが入ったパーカーを着てる。

私が住んでる街がそんな女性ばかりなのかもしれないがおしゃれな女性が着る、春のアイテムとしてドレステリアのパーカーは安心感が高い。

作りの良さは、確実にコーディネートの一部として身に着けたときにも表に現れるんだと感じる。

スポンサーリンク

スカートやキレイ目パンツに合わせる

zozo

大人の女性が綺麗な格好に合わせることができるパーカーとして、ドレステリアの右に出るものは無いだろう。

でも同じようなパーカーが多い中、なぜドレステリアのパーカーは素晴らしいのか。

国産の旧式吊編み機を使っていることは、冒頭に述べている。生地と生産方法の他にディティールの細かいところを見ていくことにする。

リブ

ドレステリアのパーカーについて、サイズ感も重要だが細かいディティールにも目をみはるポイントは多い。

その中でもよく目につくポイントとしては、リブの長さが取り上げられると思う。

袖口のリブが極端に長いのは、初めは野暮ったいと思った。でも二つ折りにすることで見え方も変わってくるし、長いままでも他のパーカーとの明確な違いにもなる。

どちらかというと、普通のおしゃれなパーカーというよりはヴィンテージなどの本格的な雰囲気に仕上げたかったんだと感じた。

ウエスト部分のアクセントとしても、悪目立ちするわけでもない。

ラグラン袖

腕周りにもたつきを感じないのは、ラグランスリーブだから。

通常の肩の付け根で縫い合わせるものをセットインスリーブと言うが、肩幅が広めの人には中々合うものがなく、肩の付け根が切り替えラインの内側にきてしまう。

ラグランスリーブは付け根ライン自体が存在しないため、肩幅を気にする必要がないから肩幅を目立たせることがない。

動きやすさというポイントも大きいんだけど、そんな視覚効果もあることを頭の中に入れておいてほしい。

ディティールの細かいポイントを見ていくと、他の普通のパーカーとの違いがよく理解できるはずだ。

内側はモコモコ素材

内側の素材はモコモコした温かいタイプの生地なので、春先を過ぎると暑くて着るのは難しそう。

なので季節的に見ると、10月~4月くらいまでがシーズンと言えるのかもしれない。生地の厚み自体もかなりあるので、これ以外の季節は極端に寒い日以外は無理だろう。

寒い冬場にはインナーにもってこいの素材だけに、活躍の幅は広い。

まとめ

ドレステリアのパーカーのサイズ感について、またディティールの細かい部分について話をさせていただいた。

売り切れる前に即買いしたい方は以下から購入することをおすすめする。

アマゾンはサイズ欠けが多く、他専門サイトも同様のケースが多い。

ここは楽天モール内で、サイズがあることを確認して買うのが賢明な判断となる。

毎年定番で人気の商品だけに、価格が下がることはほとんどない。

ドレステリアのセール時でも、パーカーは対象外の商品だ。

ということは、自分に合うサイズがあるときに即買いしないと、また来年なんてことになってしまう。

なので、自分のサイズが見つかったら速攻で買うこと。大人の女性にピッタリなパーカーって意外に無いんだよ。

個人的にはメンズのパーカーも気になるところ・・・

触発された私はドレステリアのパーカーを買ってしまうんだろうね。

そしたらメンズとレディースの両方のサイズ感もお送りしたいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする