スポンサーリンク

ドレステリアパーカーのメンズ|簡単気軽でおしゃれになれる!

 

ドレステリアパーカーを以前紹介させていただいた。

 

そんときはかみさんが買ったもので、メンズではなくレディース版の紹介のみ。

今回私も自分用に一着購入したので、メンズドレステリアパーカーの着心地等をお伝えしたい。

 

パーカーはとにかく気軽に使えることがポイント。

それでいて、ものによっては簡単におしゃれに見せることができるので、是非コーデに取り入れてもらいたい。

 

ドレステリアパーカーのメンズ版として、私が感じた内容を紹介しよう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドレステリアパーカーはメンズコーデの必需品!

 

結論から書くと、ドレステリアのパーカーはメンズ・レディース関係なく、ワードローブに必須のアイテムだ。

個人的な趣味もあるとは思うが、とりわけタイト目なデザインのパーカーを考えているのであれば、これほどうってつけのものもそうは無いだろう。

 

気軽に羽織るだけで、それなりにおしゃれに見せることができる。

ドレステリアパーカーの中核価値は、手軽なのにシルエットが美しいところに集約されていると思う。

 

圧倒的に女性に支持されているドレステリアのパーカーは、メンズも同様におすすめしたいアイテムだ。

 

ドレステリアパーカーのサイズ感

 

ドレステリアパーカーのサイズ感について。

私は着丈が短めのものが好きなので、Sサイズを買ったわけだが身幅はかなりタイト。

 

Sサイズで平置き44cmという細さなので、私のように少しガッチリ目の体型のメンズは厳しいかな。

ということで、本来であればMサイズを購入しなければいけなかったわけだ・・・

 

オンライン通販で購入したことを若干後悔しているものの、アイテム自体は気に入っているのでこのまま様子見したい。

 

参考までに、ドレステリアパーカーのサイズについて平置き時のものを以下に記載しておく。

 

Sサイズ:着丈62 x 身幅44 x 裄丈86cm

Mサイズ:着丈65 x 身幅47 x 裄丈88cm

Lサイズ:着丈68 x 身幅50 x 裄丈90cm

 

デザインだけではないドレステリアパーカーの魅力

 

ドレステリアの超ど定番アイテムだけに、10年以上前から基本的なデザインに変更はない。

袖口にはドレステリアのイニシャルにあたる『D』の文字が刺繍され、一目見てドレステリアと分かる長めのリブがポイント。

 

そもそもの話、パーカー自体が流行に左右されるようなものでもないが、これだけ長い期間に渡って人気を維持しているものはごくわずか。

一定層は、ある程度ヘタった時点で買い替える。

 

ドレステリアに似た仕様のパーカーを、私は見かけたことがない。

これだけ長い期間に渡って愛されるのは、単純にシルエットが優秀ということだけではないから。

 

そこには、製造面や使われる素材へのこだわりと、その両方を使うことで生み出されるアウトプットの結果。

タイトだけどふかふかで着心地がよく、家でも洗濯できるからメンテナンスも簡単。

 

とにかく総合力が高いのが、ドレステリアパーカーの魅力なんだと思う。

スポンサーリンク

ドレステリアパーカーへの不満

ここからはドレステリアパーカーを買って思う、私の不満点をいくつか取り上げようと思う。

購買検討をしている人は、自分の体型と照らし合わせて参考になる点が何か一つでも見つけてみて。

 

フードが小さい

ドレステリアパーカーのシルエットに特徴があることが伝えたね。

唯一私が気になる点は、フードが小さいこと。

 

顔が大きい人がドレステリアのパーカーを着ると、より顔の大きさを強調することにつながる。

顔が大きい人には、あまりおすすめできないパーカーということになるだろう。

 

タイトでコンパクトなデザインなので、ある程度着る人を選ぶものだと感じる。

 

サイズ展開の幅が狭い

ドレステリアパーカーのサイズ展開は、もう少しバリエーションがほしいところだ。

裾野を広げる意味でも、もう少し着られる人の分母を増やすサイズ展開を希望する。

 

冒頭にもお伝えしたが、私は短めの丈が好きなので本来のサイズ感はMかLになる。

でも、Mを買うと着丈が3cm長くなり、細いとはいえ見た目はもっさりする。

 

もう1バリエーション増やして、私のような人にもジャストで着られるものを提供してもらいたい。

 

シングルジップ

本当に残念な部分を言えば、ダブルジップではなくシングルジップという仕様の部分。

なぜ、ダブルジップを採用しないのか?

 

私が選ぶパーカーの選定ポイントなんて、2つくらいしかない。

その一つがダブルジップになるんだが、今回はその点を見落としてしまった。

 

この価格帯でシングルジップは無いだろう・・・

純粋にそう思わざる負えないね。

 

価格が高い

ドレステリアパーカーの価格は2万円近い。

いくら上質な素材を使って、良いデザインに仕上げてもパーカーに2万円を出すのはどうかと思う。

 

気軽に使えて、それなりにおしゃれに見せることができるアイテムだけに、頑張ってもう5,000円安くできないかね。

販売数量よりも、品質重視な面もあるかもしれないためこの辺にしておこうか。

 

まとめ

ドレステリアのパーカーが細身のものを探している人に、ぴったりなのは間違いない。

商品のデザインも、他ブランドにはない特徴を持っているしこれからもロングセラーを続けると思う。

 

マイナーチェンジを要望するとしたら、ダブルジップに仕様を変更してもらい、身幅と着丈のバランスをもう少し幅をもたせてほしい。

それがかなえば、ドレステリアのパーカーは最強の部類に入るモデルになるだろう。

コメント