ボアマウンテンパーカーのレディース|B&Yが最高傑作か?

ボアマウンテンパーカーのレディースについて話をしたいと思う。

これは先日かみさんにプレゼントしたアウターの話になるわけだが、最終的に私自身が欲しくなってしまった。

なぜ欲しくなってしまったのかと言えば、あまりにも使い勝手が良さそうだったから。

この数年思うところがあって、それが何かと言うとアウター選びが難しいということについて。

これまで様々なアウターを購入してきたが、13~15℃くらいの気温時に着るアウターで適切なものを持っていない。

薄手のコートでは肌寒く、ダウンを着るにはまだ寒さが足りない。

この中途半端な気温時に着るアウターとして、ボアマウンテンパーカーは最適だという結論に至った。

結局私も似たようなものを購入したわけだが、その辺の比較も含めボアマウンテンパーカーの魅力にフォーカスしてレビューをしてみた。

【WEB限定】3WAYボアライナーマウンテンパーカー の詳細はこちら

ボアマウンテンパーカーが想像以上にかわいく優秀な件

今回ボアマウンテンパーカーをプレゼントで選定するにあたり、私が注視したポイントは3つある。

・価格が2万円以下

・暖かさ

・パンツを選ばないデザイン

この3点を満たすものを選ぶにあたり、様々なブランドのものをチョイスする。

最終的に、残ったのはBEAUTY&YOUTH(ユナイテッドアローズ)もしくは、フリークスストア(FREAK’S STORE)のもの。

上記選定条件の3点からボアマウンテンパーカーを選定した際に、ビューティ&ユースのものに決めた理由をまずお伝えする。

かみさんのスペック

かみさんのスペックを簡単に紹介することにしよう。

これからボアマウンテンパーカーを選定するにあたり、参考になれば幸いだ。

身長:157cm

体重:43kg

上半身:薄め

下半身:お尻大きめ

簡単すぎる紹介にはなるが、全体的に細身ではあるものの、上半身は特に幅がない。

なのでサイズ感とすれば、確実にSサイズを選択することになる。

ビューティ&ユース、フリークスストアともにサイズ展開はS/Mの2種類した存在しない。

オーバーサイズ気味に着る予定はなく、迷わずSサイズで問題ないと判断した。

B&Yとフリークスストア

ボアマウンテンパーカーの最終的な比較を行うために、ビューティアンドユースとフリークスストアのホームページよりそれぞれの仕様を比較する。

細かい違いはサイズ部分に多少見られる程度で、他の部分に大きな違いが見つけられない。

表生地がコットンかナイロンかの違い、ここは好みが分かれるポイントでマットな質感を求める人は、ビューティ&ユースになるだろうし、シャリ感のあるものであればフリークスになるだろう。

実物を細かく見ていくと、フリークスストアのボアマウンテンパーカーは表面ポケット部、ライナーの取り付け・取り外し部についてスナップボタンが使われている。

なので、取付/取り外しが簡単なのはフリークスストアのもの。

ビューティアンドユースのものは表面の2ポケットはマジックテープで、ライナーの取付・取り外しについては普通のボタンタイプになる。

大きなスペック違いとしては、ライナー部分について。

ビューティ&ユースのライナーが長袖なのに対し、フリークスストアはノースリーブになる。

正確には21,600円のモデルについては長袖になるが、同価格帯の19,980円のモデルはノースリーブなのだ。

なので、ここで1,620円の価格差が生まれることになる。

このくらいの価格差であれば、大して問題ではないのだが仕様面に違いがあるということを把握しておこう。

【WEB限定】3WAYボアライナーマウンテンパーカー の詳細はこちら

B&Yに決めた理由

なので、ボアライナーが長袖でかつ価格が20,000円以下だったことがビューティアンドユースを選定した最大のポイントだった。

これ以外にも、表生地がコットンだったため光沢感が無かったこと、ジッパー部分に取り付けられている革紐の仕様が決め手だった。

この革紐部分については、ビューティアンドユースのものは刻印無しなのに対して、フリークスストアのものには『FREAK’S STORE』と刻印されている。

この文字が入っているのが、なんとなく子供っぽく感じたため最終的にBEAUTY&YOUTHのボアマウンテンパーカーに決めたわけだ。

ボアライナーも少し違いがある。ビューティアンドユースのボアライナーは毛足が長いタイプなのに対し、フリークスストアのものは毛足が短いタイプ。

純粋な見た目としては、毛足の長いものの方がかわいいと判断した。

B&Yのボアマウンテンパーカーレビュー

インナーボアカラーとのコントラスト

今回のボアマウンテンパーカー選定に際して、カラーを何色にするか悩みどころだった。

一番初めはネイビーを選ぶ予定だったが、シックな色合いのものということでブラックに決めた。

シックナブラックを選ぶことで、ライナーとの白黒のコントラストが個人的にはお気に入りに部分でもある。

黒と内側の白(正確にはベージュもしくはアイボリー)の組み合わせが、どんなアイテムにも合わせられると考えた。

ボアが長袖なのがバランスを取っている

『別にボアライナーはノースリーブでも良いのでは?』

人によってはこのような意見を持つ人もいるかもしれない。でも、ボアライナーは確実に長袖の方がバランスが取れる。

袖部分がないことで、アームホールに隙間ができることは、防寒性能が下がるだけではなく見た目として変なバランスになってしまう。

これは私がかみさんのボアマウンテンパーカーに触発されて購入した、フリークスストアのものになるが、ライナーはノースリーブのものだ。

完全に勘違いして長袖だと思ったのに、ノースリーブのものを選んでしまい今更ものすごく後悔している。

それは着た時の腕のボリュームバランスが均整でないことで、全体バランスに影響してしまう部分。

細かい部分に目が止まってしまう私としては、痛いミスを犯してしまった・・・

ボアライナーだけでもかわいい

純粋にボアマウンテンパーカーは、3通りのコーディネートを楽しめる。

その中の一つにボアマウンテンパーカーのライナー部分だけを取り出して、フリース感覚でコーディネートできるのもポイントのひとつ。

このボアライナーの完成度が高く、これだけで十分かわいかったりするわけだ。

ライナーを取り外して、春先のアウターとしても活用できるのは当たり前だとして、ボアライナーだけで使えるのは大きなメリットの一つだろう。

まとめ

今回はボアマウンテンパーカーについて、人気のビューティアンドユースとフリークスストアのものを比較した。

最終的にビューティアンドユースのものに決めた訳だが、個人の好みの問題でもあるため参考程度にとどめておく程度で良いと思う。

ボアマウンテンパーカーが秋冬のコーディネートで威力を発揮することに間違いはなく、後はあなたの好みで好きなブランドのものを選定していただいて問題ない。

ワードローブに一枚あると、これほど便利なものもそう無いのだから。

【WEB限定】3WAYボアライナーマウンテンパーカー の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする