RED CARDデニムのサイズ感|メンズは小さめを合わせる

RED CARDのデニムは、レディースだけじゃなくメンズにも人気がある。

理由は、穿き心地が素晴らしいから。

つい最近、新しいモデルを買ったのでレビューしてみることにした。

かみさんにおすすめを聞かれ、私はレッドカードをおすすめしたんだけど、自分も欲しくなって結局買ってしまった。

RED CARDをメンズが選ぶ際のサイズ感について、参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク

RED CARDデニムのメンズサイズ感をレビュー

RED CARDのメンズデニムについて、サイズ感を含めてレビューする前に購入したモデルについての基本情報を記載する。

今回購入したモデル詳細

ブランド:RED CARD(レッドカード)

価格:19,000円(税抜)

モデル:Rhythm(リズム)37-9906603

シルエット:スリムテーパード

素材:コットン81%、ポリエステル17%、ポリウレタン2%

カラー:ブラック

サイズ:29(ウエスト83x股下79、わたり幅)

製造国:日本

RED CARD『Rhythm』のサイズ感

価格は、レッドカードデニムの平均的な20,000円前後のモデル。

デニムに2万円を出すこと自体、どうなんだと思う人も多いかもしれない。

俗に言うプレミアムデニムという位置付け。

日本製で品質が高く、シルエットも普通のジーパンに比較すれば美しい。

そんなモデルがRED CARD(レッドカード)のモデル『Rhythm』なんだ。

その辺をこれから説明させていただこう。

私の体型基礎データ

この記事とは別に、ZOZOスーツのレビューを紹介する予定。

アプリを使って、自分の体型データを数値化して見ることができるんだが、数値を見てわかる通りただのデブ。

こんなデブった体型の私だが、一般的な標準値と比較して足は細いのが特徴。

要は、お腹は出てるのに足は細いという、典型的なハンプティダンプティ体型。

ウエストサイズは90cmを超えており、サイズ表記にある83と比較した場合7cmオーバー。

それでも普通に穿けてしまうところがマジックであり、実際にデニムは試着しないと分からない部分。

腹は出てるけど、スリムなシルエットのデニムを探している人には、RED CARDデニムは確実におすすめできる。

スポンサーリンク

穿き心地が良いのは生地のオンスとシルエット

RED CARDデニムは、一度穿いたらやみつきになると言われている。

その理由が分かったような気がした。

理由は、デニム生地のオンスとスリムテーパードの掛け合わせからきている。

おそらく12オンス以下の生地感と、スキニーとはまた違うスリムテーパードシルエットが長時間穿いていても苦しくない。

これは生地の配合比(コットンxポリエステルxポリウレタン)が、穿き心地の良さにつながっている。

デブだけではなく、真夏に穿けるデニムとしてもこの生地質感は重要な指標になるだろう。

14オンス等のヘヴィーオンスなデニムを穿くことは、湿気の多い日本の夏の気候にはマッチしない。

ただの拷問に近いものがある。

ライトオンスなデニムで、シルエットのきれいなモデルを探しているメンズには、これ以上無いブランドなのがRED CARDなんだ。

シンプルなシルバーボタン

シンプルにボタンのデザインはシルバー、股上は浅めなので4個で構成されている。

本体色がブラックカラーなので、シルバーボタンが映えるんだな。

とはいえ、私はHTCのゴツいベルトをしてしまうので、ボタンは隠れてしまうんだけど・・・

ウエストが90cmを超えているのに、レッドカードの29が入るのは股上の浅さが大きく関係している。

腹が出てる人の特徴としては、ウエストの最大値が大きいだけなので股上が浅いものを選べば、穿けるパンツの選択肢は広がる。

頭の片隅に是非入れておいてほしい情報だ。

バックポケット

今回購入したRED CARDデニムは、シンプルな加工だけなので大人が穿いても違和感のないデザインだ。

加工が激しいダメージデニムとは、対局に位置する存在。

色落ちは自然で、ヒゲもそれほど加工されたものではない。

バックポケットと裾周りにわずかにダメージ加工が見られるだけで、他はそれほどでもない。

シャツやジャケットに合わせて着るのも良し、シンプルなTシャツ一枚でも様になる。

品質

生地感が薄いのと、素材がコットンだけではなくポリエステル・ポリウレタンを配合したモデルなので、すぐに伸びてしまうのが購入時の懸念事項だった。

実際にこの3週間穿いてみて、生地がびろーんと伸びてしまうようなことはなかった。

少し体型に合わせて伸びる感じがあっただけで、極端にサイズ感が変わるということはない。

洗えばまた元のサイズに戻るので、生地が伸びるのを心配している人には安心して購入してもらって問題ないと思っている。

サイズ感は少し大きめなので、普段30・31インチを穿いてる私でもサイズダウンの選択をした。

30インチと迷ったが、少し伸びることを想定して29インチを購入したが、正解だったと思っている。

まとめ

RED CARDデニムのサイズ感について、私物のRhythm(リズム)を元に話をさせていただいた。

サイズ感は少し大きめにできているので、1サイズダウンをおすすめする。

私のようにお腹は出ているけど、足が細い人にはレッドカードはおすすめできる。

これからの季節でも問題なく穿ける生地感は、他のデニムには無いものかもしれない。

個人的にはYanukのミシェルと同等、セールで買えばもっと安く購入することもできるかもしれない。

シルエットが良く、穿き心地もそれなりに良いものを求めるメンズには、是非おすすめしたいデニムの一つだ。

デニム選定の参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする