VANSのオーセンティックをスリッポン風に履くのが気分

VANSのオーセンティックと言えば、ERAやオールドスクールと並びバンズの顔になるアイテム。

ナイキやアディダスと言ったスポーツメガブランドのスニーカーと並び、毎年定番で人気のモデル。

ローテクを代表するコンバースのオールスターと並べて見ても、そのシンプルさはまた別の魅力を持っている。

VANSのオーセンティックが、近所のABCマートで激安だったので買ってみた。

履いてみて思うことは、ほぼスリッポンと変わらないということ。

脱ぎ履きは簡単だし、どんなパンツと合わせても違和感なくマッチしてくれる。

ということで本日は、VANSのオーセンティックについてスリッポン風な履き心地をレビューすることにした。

スポンサーリンク

VANSのオーセンティックをスリッポン風に履いてみた感想は?

ちなみに今回のVANSオーセンティックに関しては、先にかみさんが同じものを購入している。

その履きっぷりを見て、純粋に真似してしまったわけだ。紐を結ぶのが面倒だったのかは分からないが、靴紐なしでもそのまま履けてしまう。

またその紐なしの見た目が、何とも言えず抜けた感じをもたらしてくれるわけだ。

なので、メンズ・レディース共通して同じスタイルにまとめることができる。

かみさんには嫌がられたけどね・・・

合わせるパンツを選ばない

VANSのオーセンティックに限らず、ローテクスニーカーに共通して言えることだが、合わせるパンツを選ばない万能性を持っている。

細目のパンツはもちろんのこと、ワイドシルエットのものも問題なくコーデがキマる。

女性で言えば、スカートにも違和感なく合わせることができ、かつ見た目が少女っぽくまとめることができる。

これは子供っぽくなるということではなく、あくまで大人の女性の持つ雰囲気を少し和らげてくれる効果のことを言っている。

ドレスダウンさせたいときや、カジュアルにまとめたいときでも、どんなシーンに合わせてもハマるところがポイントだ。

多用途に使えるスニーカーとして、VANSのオーセンティックを上手に活用してみてほしい。

スポンサーリンク

コスパが良い

何よりもそのコスパの高さが一番のポイントと呼べるのかもしれない。

私はセールで購入したので、たった2,000円という価格で手に入れることができた。

とはいえ、市場売価の平均は高くても5,980円くらい。もちろん、素材によって多少の違いはあるにせよ、安価なことに変わりはない。

定番で毎年活用できることを考えれば、コスパが高いことは容易に分かる。

『今日は何の靴にしたら良いか分からない!』

時間のない朝にこんな事態になることは珍しいことじゃない。急いでるときほど、ユーティリティに使えるアイテムは重宝する。

ということで、コスパの高いVANSのオーセンティックは、ワードローブに確実に加えておくべき必須アイテムなんだ。

脱ぎ履きが楽

今回紹介するVANSのオーセンティックは、ただのオーセンティックではなく紐なし状態のもの。

冒頭でも話をしたように、スリッポン感覚で履けるので何よりも脱ぎ履きのストレスが全くない。

私は会社でも頻繁にサンダルになったり、靴を履いたりと足元が忙しい人間だけに、オーセンティックを履いてると煩わしさを一切感じないわけだ。

頻繁に靴を脱ぎ履きする職業が思い浮かばないが、私と同様に足元が忙しない人にとっては便利な一足になるだろう。

相対的に履いてる人が少ない

VANSのオーセンティックの魅力は、やはりそのシンプルなデザインに集約されていると思う。

街で見かけるスニーカーを勝手にランキングしてみると、想像通り圧倒的にコンバースが多くVANS自体を履いてる人にそれほど遭遇しない。

もちろん、おしゃれなショップが多い繁華街であれば、そんなこともないだろうが私の生活圏内でVANSのスニーカーを履いてる人に出会わない。

単純に意識がそっちに向いてないからかもしれないが、相対的に見た時にコンバースのオールスターよりは他と被る率が低くなる。

これからローテクスニーカーを買う人にとって、もしくは他者とあまり被らないものが欲しい人は、VANSのオーセンティックは一つの検討要素として持ち合わせてほしいかな。

まとめ

VANSのオーセンティックをスリッポン風に履くことについて、あれこれと話しをさせていただいた。

シンプルなデザインなので、そもそも合わせるものを選ばないのは言うまでもなく、手軽におしゃれになれるスニーカーという位置づけだと思ってる。

私的にはスエードのモデルが大人っぽくておすすめだが、そこは個人の判断に任せるとして是非ワードローブに組み込んで欲しいシューズ。

近所にスニーカーを取り扱うショップがあれば、セール時期を狙ってみるのもお得に手に入れられる術のひとつ。

毎年様々なデザインのオーセンティックが発売されるので、気に入ったものがあればその場で買わないと翌年同じモデルは手に入らないものが多い。

ということで、ちょっと気になるモデルが発売されていたら、速攻で購入しよう。

使いやすさ、リセールバリューともに高いブランドなので、損することはないと思うけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする