スニーカーはアディダスのこの2つで十分!!【レディース編】

今やいうまでもなくブームが再燃している『スニーカー』について、これはメンズだけではなくレディースも同様の現象だ。

去年までであれば、VANS(ヴァンズ)NB(ニューバランス)が席巻していたレディース市場にも、今年は変化が見てとれる。その牽引役がadidas(アディダス)だ。

久しぶりに老舗の巻き返しに、女性のスニーカーコーデはどのような展開になるのか?

勝利の3本線』が今年の都心の街を占拠するほどの勢いを見せるのか?今回はadidasを代表する2モデルを交えて話して行こうと思う。

スポンサーリンク

adidasの主要2モデル

superstar(スーパースター)

httpwww.fashion-press.net (2)

http://www.fashion-press.net/

言わずと知れたアディダスの名作の一つである『スーパースター』は1980年代にバスケットシューズとして誕生して以降、ストリートカルチャーに影響を与え続けてきたモデルとして無くてはならない存在だ。

80年代に、RUNDMCが履いていたことでブームに火が付いたのも大きいが、それ以降もストリートシーンから消えることはない。

今年の1月にはSuperstar 80s Vintage Deluxe Packが発売、80年代に発売したものを忠実に再現されている。金ベロブームが再燃しそうな気配は、確実に『気配』で終わることは無いだろう。

Stan Smith(スタンスミス)

スタンスミス

http://www.fashion-press.net/

1971年に発売されたStan Smith(スタンスミス)は、元々は別の名前がついたスニーカーだった。テニスプレーヤーのスタンスミスが好んで履いたことから、そのままこのスニーカーの名前になったという由来がある。

adidas社のブランドアイコンでもある、3本線をベンチレーションホールによって表す様は主張しすぎることなくシンプルさを保っている。

世界で一番販売されたスニーカー』としてギネスブックにも登録されているほどの人気ぶり。何度か販売中止にもなったスタンスミスは、手に入れられるうちに購入しておいた方が良いかもしれない。

スポンサーリンク

コーディネート実例

これからの一年間で販売はさらに加速すると思われる。特にスタンスミスは、いつ無くなるか分からない。

アディダスを代表するスーパースターとスタンスミス、この2モデルのレディースコーデはどのような感じなのか?

superstar(スーパースター)コーデ

スーパースターをオシャレに履きこなす女性

decor-clip.com

オールホワイトで統一したコーディネートは、シンプル過ぎるくらいに気持ち良い。足元の3本線がホワイトを引き立たせている。

チュールスカートにスーパースターを履いた素敵な女性

kaumo.jp

黒のチュールスカートにスーパースターというコーデの女性。多分足元以外はブランド物と思われるが、スーパースターで外してある分、嫌味が中和されている。

上下レザーにスーパースターを合わせた女性

woman-lifeinfo.com

レザージャケットにレザースカートというハードな組み合わせでも、足元がスニーカーというだけで和らぐから便利なアイテム。

特にスーパースターは、ボリュームがあるわけでもなく、無いわけでも無い中間にあるスニーカーだ。その位置にあるため比較的どの洋服にも合わせやすいと感じる。

足元が「真っ白」でないところがポイントになると思う。

Stan Smith(スタンスミス)コーデ

スタンスミスを軽快に履く女性

decor-clip.com

ネイビーのカットソーにストライプのスカートが素敵な女性。足元はスタンスミスを合わせているが、これがスーパースターだったら合わないね。

上下黒のコーデに足元はスタンスミスを履いた女性

livri.jp

黒いワンピースにスタンスミスを合わせる女性。基本的にオールホワイトに近いスタンスミスは何でも合います、はい。

スタンスミスにロングコートを合わせたブロンド女性

locari.jp

ロングコートにレザーのショートパンツを合わせた姿がカワイらしい。足元のスタンスミスのホワイトが目に留まる。インナーのニットとスニーカーのバランス、トータルでみてもスタンスミスのシンプルさが際立っている。

まとめ

今年はアディダスが街を占拠すると思う。

いや、個人的にはそうなってほしいだけかもしれない・・・

別にブームにならなくても、元々定番の2モデルなのだからいつまでも、この形のまま何年も販売が続いてほしい。

そう、私はadidasファンなのだ・・・

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です