サンダル人気ランキング!30代レディース向け歩きやすいオシャレなモデル8選!コーデも紹介

http://milanda.net/

夏の必須アイテムのひとつとしてサンダルは外せないと思うが、いかんせん足へ負担が掛かるものも多い。

言うまでもなくサンダルは履きやすさ、歩きやすさが重要なポイントの一つでもある。いくらデザインが良くても足への負担が大きいものは結果、履かなくなってしまうのだ。

デザインの良さと履きやすさのバランスを兼ね備えたモデルを、その中でも自分の好みに合うものをコーディネートしよう。

今日は履きやすさと市場の人気度を含め、ランキング形式でお届けしようと思う。

スポンサーリンク

おしゃれで履きやすいレディースサンダルランキング

1位:BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)

BIRKENSTOCK アリゾナ

ビルケンシュットクの定番中の定番モデルと言えば、このアリゾナになる。ビルケンシュトックはドイツの健康サンダルメーカー。

240年もの歴史がある老舗、人間の足にこれだけ向き合ったメーカーも他にはないだろう。コルク×ラバー製のクッションは足にフィットする形状で最高の歩きやすさを保証してくれる。

2本のベルトがしっかりと足を固定してくれるので脱ぎ履きも簡単、これ以上のアイテムを見つけること自体が困難だ。

シンプルなデザインは無駄がなく完成形、1足持っておけば様々なコーディネートと組み合わせることも出来る。

素足で履いても、ソックスを合わせても自然と足元コーデを締めてくれる夏の最優先アイテムと言えるだろう。

2位:Teva HURRICANE XLT

Teva HURRICANE XLT

Tevaはアメリカはグランドキャニオンの水辺において発想を得たところから1984年にスポーツサンダルを完成させる。

それが3点固定という足首をホールドしたモデル、アジャスターは自分の足のサイズに調整が可能なので足がズレることなく快適性を確保してくれる。

それでいて非常に軽量なので履いている感覚を忘れてしまうほどだ。秀逸なのは臭いについての対策、素材には抗菌製品保護作用を持つものを採用しているので防臭効果も合わせ持つ。

水洗いしても抗菌効果は維持されるので、その辺が気になる人にはこれ以上のものはない。

今流行りのスポーツファッションを取り入れたい方には、ファーストステップとしてピッタリなアイテム。スポーツサンダルとしてもアウトドアとしても使える万能性が魅力。

ソックスとの相性も抜群なので幅広いコーディネートに活用できる一足となるだろう。

3位:NIKE ハラチウルトラサンダル

ハラチウルトラ サンダル

アッパークロスベルトのデザインがアディダスのスリッポンに似ているモデル。素材違いなのがおしゃれなところで、この辺はさすがはナイキと言ったデザインだ。

サンダルの困ったポイントは簡単に履ける分、すぐに脱げてしまうということ。特に気にしない人には問題ないんだが、走ったりできないからちょっと不便だったりする。

ハラチウルトラは足首をホールドしてくれるので、そんな心配もいらない。街で他人と被ることも少ないデザイン。

ワイドパンツやロングスカートとの相性は非常に良いので、トップスはシンプルなTシャツを合わせスポーツミックス的なコーデでまとめるのがベストか。

4位:SHIPS FLAMENQUITAS

FLAMENQUITAS:スエードクロス ローヒールサンダル

ここまで紹介してきたモデルは、女性らしさというよりは定番ものと最近の流行を加味したスポーティなものが中心だった。

スエード素材は山羊革を使用しており、見た目も洗練された大人の女性に相応しい一足になっている。ヒールは3cmと低めなのと足首を固定するタイプなので非常に歩きやすい。

上品なデザイン性と歩きやすさを兼ね備えた優秀なモデルだけに、入荷後即完売してしまうほどの人気モデル。

サンダルには珍しいバックジップが付いたモデルなので脱ぎ履きも簡単にできるのも特徴の一つ。

スラックスタイプのパンツスタイルにも、フェミニンなスカートに合わせても綺麗に履きこなすことができるモデルだ。

この上品さで価格は1万円ちょいというリーズナブル、コスパも抜群に良くかつスタイリッシュなデンザインのサンダルだね。

5位:green label relaxing Gaimo NAVAS

[ガイモ]Gaimo NAVAS サンダル

スペインのハンドメイドシューズブランドのガイモから一足チョイスしてみた。

40年近くの歴史があるので技術的にも高い。スペイン製の靴は作りが良いのが特徴であり、ここ最近ではイタリアよりも上だと思っている(デザインを除き)。

パンプスタイプな見た目が上品さを感じさせる。シンプルなきれい目コーディネートに合わせるとその存在が引き立つサンダルだ。

今年の流行りのウェッジソールでヒール高さは2.5cmと歩きやすさも抜群に良い。ワイドパンツやミディアム丈のスカートと合わせてコーディネートは上品にまとめよう。

6位:SHIPS KIWI クロスビジューサンダル


KIWI:クロスビジューサンダル

KIWIはインドのファクトリーブランドでビーズ使いが絶妙に上手いブランドだ。デザイン性が高く足元を華やかにしてくれる一足。

その中でもクロスビジューサンダルは人気が高い。ペタンコタイプなので歩きやすく疲れにくいし。

ゴールドとシルバーの2色展開だから、夏場のシンプルなコーディネートの中でも足元にポイントを作ってくれる。

バックジップが付いたモデルになるので足首をキュッとホールドしてくれる。この辺の機能性も高いのが人気が高い理由なんだろう。

コーディネートのワンポイントとして足元を華やかにまとめたい人には、KIWIがベストな選択となるだろう。

7位:ISLAND SLIPPER/アイランドスリッパ


別注ムートンサンダル

ジャーナルスタンダードがアイランドスリッパに別注をかけたムートンサンダルは、見た目通りのフカフカな履き心地が特徴だ。

アイランドスリッパは70年以上の長い歴史を持ち、デザインから製造まで一気通貫してハワイ内で行われているサーファー御用達のブランドだ。

ムートンというと冬のイメージが強いが、ムートンブーツも元はサーファーが丘に上がった際に足元を冷やさないように作られたもの。

このフカフカの履き心地を一度味わったらおそらく他のサンダルを履けなくなってしまう・・・

ロングスカートに足元はムートンのアイランドスリッパなんて、夏のコーデとしたらおしゃれ感が高くて良いんじゃないの?

単純な作りな割に価格が高いのがネックになるが、そこを差し引いてもデザイン性、歩きやすさを兼ね備える定番の一足ではあるね。

8位:Spick&Span MAUROdeBARIGOLD

MAUROdeBARIGOLDボールツキフラットサンダル

50年以上の歴史を持つハイクオリティなハンドメイドシューズブランドがマウロ・デ・バーリだ。

独自の『トゥッファート』という革の加工工程を経て作られる。この工程は非常に手間暇が掛かることと極めて正確な作業が求められるため、ほとんどのメーカーでは採用されていない。

足に馴染むフィット感はこの手間のかかる工程からもたらされるのだろう。

デザイン性が高く、フロントのボール型スタッズが足元のアクセントとなり華やかで上品なスタイリングのポイントに。

ストラップベルトは華奢なデザインで、大人の女性の繊細さを引き立たせてくれるだろう。

シンプルながらポイントもあり、そして履きやすい作りのサンダル。1足持っておけばコーディネートの幅が広がるのは確実だ。

スポンサーリンク

レディースサンダルコーディネート

履き心地抜群のサンダルをコーディネートとしては具体的に何に合わせていけばいいのか?

その辺のコーデポイントも含めレディースサンダルコーディネートを紹介していこう。

ビルケンシュトック アリゾナ

https://matome.naver.jp/odai/2146646718615970801

ビルケンシュトックのアリゾナは基本的には何でも似合う万能な一足ではあるが、夏らしくホワイトをチョイスするとコーディネートの幅は広がる。

足元に合わせ、トップスもシンプルに無地のノースリーブにボトムにはダメージ加工を施したボーイフレンドデニムをコーデ。

夏らしいゆるいコーデの参考例に。

http://blog.baycrews.co.jp/slobe/?pnum=281

上品にまとめるにもやりすぎな印象をあまり与えたくない。そんなときに便利なアイテムなのがサロペット。

意外にサロペットをコーデしている女性は少なく、スラックスだけのときとはバランスも簡単に取れるため、ちゃちゃっと何も考えたくない時にピッタリだ。

しかもトップとサンダルを同色のホワイトで、サロペットをネイビーにすればシンプルだけどちょっときれい目なコーデの完成。

小物としてハットやバッグもホワイトで統一すると全体的なコーデのポイントも増えるのでおすすめだ。

Tevaスポーツサンダル

http://geinou-jyouhou.com/post-2551/

Tevaのスポーツサンダルにクラッシュホワイトデニムを合わせる女性。パンツスタイルの時は靴下を履くよりも裸足の方が涼しげで良いと思う。

シンプルにロゴTシャツにダメージデニムだけだと寂しいところなのでシャツを肩掛けしてワンポイントに。

サンダルのカラーは黒よりもホワイトの方が個人的におすすめだが、そこは好みの問題なのでどちらでもOK。

https://odecomart.com/blog/recommended-sports-sandals-brand-together/

靴下を履いた場合ワンピースやスカートを合わせると柔らかい雰囲気が出て女性らしさが出ると思う。

ただ、靴下のデザインによってはかなりダサく見えてしまうケースも高いため、靴下選びは適当ではなく慎重に。

スポーティなサンダルは今年もマストアイテムの一つだけに、このコーディネートの万能性を考えると1足あると便利なのは言うまでもない。

ローヒールサンダル

https://likes-work.com/articles/AMRm5

スポーティさよりも大人の女性らしい上品なコーディネートにまとめたい、そんな要望にはローヒールタイプのシンプルなサンダルをチョイスしよう。

パンツに合わせるよりもスカートの方がフェミニンさが増すので、少しフレアなタイプのやりすぎないデザインのものを合わせてみてはいかがだろう。

足元を変えるだけで印象は全く変わる。

https://kaumo.jp/topic/45558

ワンピースにローヒールサンダル、軽快さと極めてシンプルなトータルバランスが女性の美しいシルエットを強調してくれる。

足元にはワンポイントになる華奢なデザインのものをチョイスし、より女性らしく華やかにまとめてみよう。

デザイン性と歩きやすさを兼ね備えるローヒールサンダルをチョイスして、夏のコーディネートをより上品にまとめてみよう。

アイランドスリッパ

https://litaly.jp/article/3298472

シンプルなビーチサンダルタイプのアイランドスリッパをコーデするのであれば、ロングスカートとの相性が抜群。

スタイルに自信のある女性はショートパンツにアイランドスリッパが夏らしいセクシーな着こなしの一つ。

http://wear.jp/women-brand/islandslipper/

ロングスカートだけでなくワイドパンツとも相性が抜群、平べったいデザインがかわいく見える。

コーディネートは単色でまとめてサンダルだけカラーを変えて強調してみるのも面白い。シンプルなものはシンプルにまとめるのが一番だ。

シンプルで無駄のないデザイン、それでいて履きやすさも最高なので価格が高いことを除けば本当に優秀なアイテム。

私が若い時から毎年定番に上げられる商品なだけに、奮発して買っても損はしないと思う。

まとめ

http://shoes-box.net/I0001394

夏の最優先アイテムに当たるサンダルについて紹介させていただいた。

スポーティなタイプがトレンドではあるが、定番品は結局何年経っても変わらないもの。だから定番なんだけどね。

自分に似合う一足を選ぼう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です