ベージュチノパンは年中無休のレディースコーデ必須アイテム!

ベージュチノパンは一年中コーデに取り入れることができる万能アイテムだ。デニムとチノパンはワークアイテムでありながら、キレイ目なコーディネートにも用いることができる。

昔と異なり最近の主流はノータックだけではなく、ワンタックやツータックというタック入りのものや深めの股上のもの、またワイドタイプのものなどラインナップは多岐にわたる。

今回はシーズン問わずコーディネートできる『ベージュカラー』のチノパンに絞り詳細を紹介させていただこう。

スポンサーリンク

ベージュチノパンコーディネート詳細11選

MA-1xパーカー

https://arine.jp/

ベージュチノパンに合わせるアイテムとして、ピッタリなカラーは『ブラック』だ。黒との相性は抜群に良いので、迷ったときには手持ちの黒アイテムをコーデに織り込み誤魔化すことも可能。

ブラックのMA-1の下にそのままベージュチノパンだとあまりにも味気ないため、差し色としてホワイトのパーカーを組み合わせると明るい印象に。

足元とバッグを黒で統一していることでコーディネート全体が締まって見える。全体がカジュアルになり過ぎないようにパンプスで着崩しているのもベスト。

黒パーカーxパンプス

https://likes-work.com/

最近はまた股上が深いモデルがスタンダードになってきた。クルーネックの白Tをタックインしてアウターには春らしくパーカーをチョイス。

やはり黒とベージュのバランスは完璧なので、他のアイテムにも置き換えることができる。

ロールアップしてこなれ感を演出するのは、もはやスタンダードなコーディネートと呼べるだろうしこの傾向はまだまだ続きそうだ。

白トップスxワイドチノ

https://kinarino.jp/

トップスに白を合わせ全体を明るめに統一したコーディネート、手元クラッチバックをトップのカラーと合わせて春夏らしい色合いに。

ベージュチノはワイドタイプを取り入れ、足元は黒のオールスターでカジュアルに。全体的に軽快な装いになっていながら、ちょっとした良い野暮ったさが今風だ。

ワイドシルエットは全体のバランスをチェックしないと悲惨なことになるため、十分に注意をしてコーディネートしてほしい。

ロングカーディガン

http://seasonitems.com/

アイボリーのロングニットカーディガンをベージュチノパンに合わせてコーディネート。トップスを白シャツにすることで清潔感を感じさせるね。

アイボリーと白シャツがカラー的にもマッチしているが、スタンダードなカーディガンだとパンチが無くなるので至って普通の人になってしまう。

足首見せは必須と考えて良いだろう。今年も結局この着こなしがスタンダードになるのは間違いない。パンプスをコーデして大人っぽさをプラスしよう。

黒テーラードジャケット

https://folk-media.com/

キラーカラーになる黒をテーラードジャケットにすることで、印象はかなりソリッドなものに。

大人っぽさを最大限に引き出すため、足元にもシャイニーなヒール靴を合わせてよりシャープに仕上げる。

ワーク出身のチノパンでもこれだけキレイ目なスタイルにもハマる良いコーデ例の一つだ。

シャツの腰巻

https://matome.naver.jp/

白トップスにベージュチノという装いも普通に春夏に見られるコーデ見本だ。足元にはサンダルを合わせ、チノパンはロールアップする・・・

ここまではいたって普通のコーディネートなのだが、ワンポイント何かが足りない状態。それを補ってくれるのが『シャツの腰巻』テクになる。

ちょっとしたことで全体の雰囲気がまったく変わって見えるのがファッションの面白いところだ。

チノパンの良さをメインにスタンダードなコーディネート例の一つと言えるね。

黒タンクトップx黒サンダル

https://folk-media.com/

シンプルイズベストとはこのことで黒とベージュの2色だけ、しかもただのタンクトップとチノパンという必要最低限の組み合わせだ。

全体のバランスを突き詰めて考えるとここまで研ぎ澄まされる。いかにサイジングが重要かを改めて考えさせられるコーディネートのひとつだ。

とはいえ、サンダルも黒で統一してより全体の雰囲気をまとめてくれる役割を果たしている。バッグよりもバックパックを合わせてアクティビティにまとめよう。

スポンサーリンク

スポーティサンダルxバックパック

http://wear.jp/coordinate/

キレイ目にスポーツをミックスさせたスタイル。タック入りのベージュチノパンは、色合いもかなり薄いものを合わせている。

トップスには白ノースリーブとこれまたシンプルな装いなのだが、スカーフをワンポイントに取り入れることで視線は自然とそのワンポイントに。

とはいえ、そこが重要なのではなくスポーティなサンダルとバックパックを合わせる思考に拍手を送りたいわけだ。

普通にパンプスなどを合わせてもスタンダードにまとまるが、そこをスポーツアイテムで着崩すことでおしゃれ上級者の着こなしへ。

素晴らしいコーデ例の一つだね。

ネイビーTx白サンダル

https://kaumo.jp/

上品さが滲み出るネイビーとベージュのチノパンの組み合わせ。足元とバッグには同じホワイトをコーディネートして夏らしく。

シンプルでスタイリッシュなコーデをしていながら、手元にはグレーパーカーを持ちカジュアルな雰囲気を取り入れている。

サンダルやパーカーなどのカジュアルアイテムをワンポイントでうまく使ったコーディネート例と言えるだろう。

ストライプシャツxカラーパンプス

http://masi-maro.com/

これからの季節にピッタリなブルーのストライプシャツに、足元にはヴィヴィットなイエローのパンプスを合わせたコーディネート。

これだけ派手なカラーを取り入れようが、全体が乱れることはなくうまくまとまっている。チノパンがただのカジュアルアイテムに留まらない理由がここにあるわけだ。

フルレングスで履くよりは、やはりロールアップで足首を見せた方がこなれ感が出てよりコーデが締まる。

カラーパンプスは他の色でも合うだろうが、同系色のイエローが最もしっくりくるカラーだと思うよ。

https://likes-work.com/

ノースリーブのタートルネックのボリューム感と腰履きワイドタイプのベージュカラーのチノパンがマッチしたコーディネート。

足元にはホワイトスニーカーで全体のボリュームを上手くコントロールしている。上半身はノースリーブでボリュームを抑え、ボトムにワイパンを採用することで全体バランスは今風のスタイリング。

このコーディネートは結構難しく、着る人のスタイルに依存してしまう部分も大きいため取り入れる場合は慎重に・・・

デニムジャケット

https://kaumo.jp/

ベージュチノにベストマッチするコーデアイテムの最有力候補はデニムジャケットになるだろう。デニムシャツでも同様だ。

ネイビーとベージュの相性の良さはこれ以上のものはなく、ブラックとともにネイビーは鉄板コーデカラーの一つになる。

3rdタイプのタイト目のデザインを選び、足元には赤のカラーパンプスを合わせてコーディネートを仕上げている。

取り入れやすさで言えば一番再現性が高く、いつまでも定番のコーデ例と言えるだろう。

まとめ

http://blog.livedoor.jp/

ベージュチノパンはワードローブに必須のアイテムの一つである。デニムと同様にいつまでも定番で使い回せるアイテムの一つなのだ。

これから春夏に向けても、秋冬のクソ寒い季節にも万能にコーディネートできる素晴らしき重要なアイテム。

別の機会におすすめのチノパンを紹介させていただくとして、自分なりのコーディネートとして取り入れる参考になるものがあれば幸いだ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です