デニムワンピースの着こなし方を考える【2015秋冬】

2015年は、空前のデニムブームが到来すると言われている。

最近では上下デニムのコーディネートなど、以前だったら確実にNGであろうコーディネートが逆に熱い状況のようだ。

今回はその中でも『デニムワンピース』を取り上げたい。デニムワンピースというと夏に着るアイテムというイメージの人が多いと思う。

だが、ホワイトパンツと同様に春夏限定のアイテムなんて言われてたのは昔の話、現在のトレンドからすれば、冬にコーデしてもまとまるものが多く見られる。

デニムワンピースのコーデについて、私見から語らせてもらおう。

スポンサーリンク

デニムワンピースの着こなし方

オーソドックスタイプ

ベルトをデニムワンピースのアクセントとして使用した女性

matome.naver.jp

オーソドックスなひざ丈のデニムワンピースが一番一般的ではないだろうか。上半身だけを見れば、普通のデニムシャツにも見えるし、そう考えるとあまりコーデで困ることは少ないアイテムと実証出来ると思う。

ベルトループ付きのデニムワンピースであれば、ベルトがアクセントとなるため、つまらないコーデにはならない。

このワンピースのバランスを取っているのは、何気に7分丈というところ。全体が体のラインに沿ったタイトな仕様のため、女性らしさを感じることが出来るデザイン。

カジュアルなんだけど、それなりに清潔感も感じられるし、普段カチッとした人がこんな恰好で現れたら、個人的には凄く好感が持てると思う。

シャツワンピース

シャツワンピース

mery.jp

ワンピースというよりは、シャツにに近いタイプのデニムワンピースはかなり着丈が短い仕様になっている。

Aラインになりそうなところを、ウェストでアジャスト出来るタイプのワンピースなため2通りの着こなしが楽しめそうだ。

ボトムに合わせて、ウェストを調整することが出来るし、実用的な一着と言えると思う。

下半身を黒でまとめることによって、春夏っぽさが秋冬仕様になるのだからファッションとは自由度が高いと改めて気付かされるんだね。

ライトブラウンのブーツ

ガーリーなデニムワンピース

www.lettuce.co.jp

上に挙げた2つのコーデと比較すると、かなりサイズ感は緩いものになる。

ウェストのアジャスターの色と、ブーツの色を合わせているが、デニムにライトブラウンのカラーは本当に良く合う。

基本的にウェスタンなアイテムと共通する部分が多いからこそ、コーデしやすい配色と言えるのだろう。

ワンピースのサイズ感、袖捲りのゆるさ、最終的にライトブラウンのブーツと、この辺のコーデが嫌いな男性はいないだろう。

コート

デニムワンピースオンコート

latte.la

コートに合わせたデニムワンピースが目を引く組み合わせ。冬はどうしても、厚着になる分インナーの活躍場所が室内に限られてしまう。

しかも配色としては、ダークカラーでまとまりがちなため、色味を楽しむという視線で見れば少しつまらないかなとも感じてしまう。

そんな冬のコーデに色落ちしたサックスブルーのデニムワンピースを合わせるだけで、明るさを取り戻すのだ。

ここでポイントなのは、『チラッ』としたときに見える良さなのかもしれない。

スポンサーリンク

レザージャケット

デニムワンピxレザージャケット

woman-lifeinfo.com 

デニムとレザーの相性が抜群なのを証明すべく、デニムワンピースに合わせて見ても何の違和感も感じることはない。

この季節の装いとしては、この組み合わせを外すことは出来ないと思う。それ程、この2アイテムは数十年来の相思相愛の関係なのだ。

9~11月までは、こんな恰好でも十分過ごせる気温なだけに、ローテーションの一角に入れてほしいと思う。

レザー選びで気を付けたい点は、ブラックでも十分様になるんだけど、出来ればライトブラウンを勧めたいところ。

暗くなりがちなコーディネートに変化を与える要素にもなるし、着古していくうちに良い加減の『味』が出てくるのも特徴だ。

だからといって安物を買って良いというわけではないので、その点はご注意いただこう。

まとめ

春夏が主戦場だったデニムワンピースについては、去年のフォークロアや今年のデニムブームの再来によって、大きな賑わいをみせている。

通年着ることが出来るものだし、個人的にはデニムは無くてはならないアイテムの一つ。合わせやすさはさることながら、着こなし方によっては普通にシャツにも見えるし、スカートにも見える。

女性のコーデの幅を広げるアイテムとしては、最適だと思うのだがいかがだろうか?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です