超簡単!Vネックニットの着こなし例【秋冬定番コーデ14選】

Vネックニット

秋冬に一番活躍するのは、寒さをダイレクトに凌ぐアウターだと思われるかもしれないが、意外とそんなことはない。

もちろん、外の寒さから身を守るのはアウターの果たす役割と言えるかもしれないが、オフィスなどの建物の中にいるときはどうだろう。

基本的にアウターが必須となるのは、外にいるとき。毎日の通勤・通学時における駅までの道のりや、休日に散歩したり出かけたりと外にいる時の必須品。

建物に入ったら暖房も利いてるし、さすがにアウターを着たままという人はいないと思う。

ここで出てくるのが、秋冬口のトップスとして毎年定番で活躍するVネックニットの登場だ。これ一枚を身にまとうだけでも恰好が付くし、シャツの上から着れば寒さ凌ぎの重ね着にもなる。

もちろん、ただの重ね着ではなくアクセントにもなるため、冬場にVネックが無いと商売あがったりなのだ。

今日は、そんな秋冬の定番トップスの一つであるVネックニットの着こなしについて紹介させていただこう。

スポンサーリンク

カラーはネイビー・グレーが定番色

ネイビーのVネックニットを着た女性 グレーのVネックニットを着た女性

http://www.magaseek.com/

Vネックニットの定番カラーと言えば、ネイビーグレーの2色で決まり。

今まで手持ちのワードローブにVネックニットをお持ちで無い方は、この2枚があれば十分今年の冬を越せると言える。

はっきりと言ってしまえば、この2色が揃っていれば他に何もいらないと言っても過言ではない。

そのくらいに定番のカラー・ワードローブと言い切れる万能なアイテムということなのだ。まずはこの2色を揃えておこう。

パンツでもスカートでも、デニムでもカーゴパンツでも、何でも合わせる事が出来る優れもの。秋冬の必須アイテムということに変わりはないのだ。

オススメの素材

メリノウール100%を使用したニット

http://item.rakuten.co.jp/

これだけ定番のVネックニットを押したところで、取り入れない人も多いと思う。それは、ニット自体が『チクチクする』というイメージを持っているからだ。

このチクチク感は、ニットを着る上で最大のポイントになる部分だと思う。私もこれが原因で若い頃はニット(当時はセーターと呼ばれてたな・・・)を着るのを拒んでいた。

これを解消するものとしては、カシミヤ素材・もしくはメリノウールのものを選ぶようにしよう。

カシミヤ自体は高価なアイテムとなるため、メリノウールの選択をすることが現実的だと思うが、このメリノウールはチクチクを感じない、軽くて柔らかい極細繊維を使用している

このメリノウールの中でも、ファインメリノエクストラファインメリノのランクが上のものについては、着心地も抜群に良い。

Vネックニットの着こなし

Vネックニットは、男性だけのものでもなければ、女性だけのものでもない。これは男女共通の定番万能インナーの一つ。

男女それぞれのコーデを見ながら、それぞれのポイントを紹介していこう。

レディース

七分丈パンツ

ネイビーのVネックニットにネイビーの七分丈パンツを合わせた女性 グレーのVネックニットにデニムの女性

http://zozo.jp/   http://www.uniqlo.com/jp/

さらりとVネックニットをまとい、パンツは七分丈を合わせたスタイル。一番シンプルな装いでありながら、女性らしさを感じるのはパンプスとパンツ丈のバランスのせいか。

これだけ直に肌の上に着ることを想定すると、素肌に近い感覚で身に着けられるメリノウールのものを選ぼう。

寒い冬場でも、女性の色気をほのかに感じることの出来るアイテムがVネックニットなのかもしれない。

チルデンニット

黒のVネックニットはラインの入ったものを着用している女性 チルデンニットにデニムスカートの女性

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/    https://locari.jp/

米国のテニスプレーヤーの名を配したチルデンニットは、首回りと袖周りに入る数本のストライプがポイントとなるニットを指す。

首周りはかなりザックリとした深いVを形成していること、1枚でも十分存在感を示すことが出来ることもポイントか。

カジュアルな着こなしにも、キレイ目にまとめたいときも、どちらも通用する非常に使い勝手の良いニットなので、今年の流行りのひとつにも挙げられている。

スカート

グレーのニットにミモレ丈スカートの女性 グレーのVネックニットにミモレ丈スカートの女性

http://mery.jp/    http://zozo.jp/

今流行のミモレ丈スカートに、定番のグレーのVネックニットを合わせたスタイルは、まさに今年の着こなし代表と言えるのではないだろうか。

ニットのサイズ感としては、タイトなサイズというよりは少しユルメのものが気分と言える。

靴もスカートと合わせて黒で統一することで、下半身と上半身のカラーバランスが絶妙にマッチし、スタイルも良く見せてくれる。

胸元ざっくりタイプ

ちょっとゆるめのホワイトVネックニットを着た女性 ちょいゆるカーキのVネックニットを着た女性

https://market.mery.jp/    http://zozo.jp/shop/spickandspan/

サイズ感は少しゆるめとはいえ、胸元が相当ざっくりと開いているので、女性の色気という部分で見ても一番女性らしさを感じるスタイルと言える。

オーバーサイズまでいかないまでも、全体のシルエットとしてはこちらも緩め。

あまり20代の若い女性よりは、30代の女性の方が似合うと感じるスタイルかな?

ワンピース

Vネックニットワンピースを着た女性 Vネックニットワンピースを着た女性②

http://www.magaseek.com/    http://wear.jp/

Vネックのニットワンピースも使い勝手が良いと感じる。このワンピースのポイントはやはり、タイトではないということだ。

これがタイトなものになってしまうと、女性の色気の部分が出過ぎてしまうため、ファッションから離れてしまう。

この緩めのバランスが、女性の柔らかさを表現出来ているのであり、冬場にはホワッとさせてくれる癒しの要素がある(個人的な意見ですいません)。

あまり柔らか過ぎな感じを見せたくなければ、ヒールを合わせるでも女性らしさは十分なはず。

これについては朝まで語ることが出来るくらいなので、結論としては、男性は皆好きなコーディネートということで終わりにします。はい・・・

スポンサーリンク

メンズ

シャツオンVネック

Vネックニットに白シャツをコーデする男性 シャツの上にVネックニットの男性

https://jooy.jp/     https://jooy.jp/

メンズとして、Vネックを着るときのほとんどは、シャツの上に重ね着するパターンがほとんどではないだろうか。

私は、基本的にこのコーディネートはしない。ニット、シャツ、デニムというコーデはあまりに特徴の少ない普通のものだ。

男性のVネックニットで一番大事なのは、このコーディネートにあるわけでは無く、この次につながるものが重要なのだ。

Tシャツ or 素肌

ベージュのVネックニットにグレーパンツの男性 グレーのVネックニットをダイレクトに着る男性

http://kurumani.com/   https://jooy.jp/

一番男性のセクシーさを感じる事が出来るアイテムが、Vネックニットだと勝手に思っている。

秋冬の重ね着や、年末の忘年会から年始の新年会まで、男性はひたすら太れる機会が多くなる時期、重ね着であればある程度ごまかせるかも知れないが、Tシャツの上に一枚で着ることで体型が丸わかりになる。

ただ、胸筋や肩・上腕二頭筋が発達している男性がVネックを着ると、いやに似合ってしまうのが本質か。

冬でも男の色気を出せるアイテムとして、Vネックニットは必須なのだ。ただ、ある程度体が出来ていることが前提だが・・・

まとめ

基本的に秋冬の定番ワードローブであることが間違いないVネックニットは、これからも活躍し続けてくれることは間違いないだろう。

男性よりも女性のコーディネートの方が、見た感じ面白いし、個人的な観点から今回は紹介させてもらった。

私自身もVネックニットの愛用者であるが、ある程度体は鍛えておいた方が確実に似合う。

ジャケットなどに合わせる際にも、Vゾーンの存在がある分、コーディネートしやすいところでVを選んでしまう大きなポイント。

紹介してたら着たくなったので、明日は久しぶりに会社に着て行くことに決めたのだった。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です