真夏でもジーパンをコーデに取り入れる理由とは?【メンズ編】

数々のジーンズ

http://www.onomichidenim.com/

真夏にジーパンを履く奴がいるのか?

30℃を超える炎天下の中、13.5オンスのデニムに身を包み、汗だくになって太ももに張り付きながら過ごすことが心地よいのか?

正解は否だろう。真夏はショートパンツで軽快な恰好で過ごしたいし、ジーンズなんて履きたくない。そんな声の方が多いかな。

それでも、真夏にジーパンを履かなかった年は一度もない

それは何故なのか?単純にデニムが生活の一部になっているから。自分の人生を振り返っても、デニムに勝るパンツは存在せず、これは今後も変わることは無いと言い切れる。

ジーンズの無い人生などありえない。基本的に1年の3分の2はデニムを履いて生活してきた分、ジーパンを取り入れないコーディネートなど考えられない。

そうは言っても、夏は暑いしデニムを履くのを躊躇してしまう気持ちも良く理解できる。今回は夏場に取り入れたいジーパンのコーディネートについて、持論を述べさせていただこう。

スポンサーリンク

日本の夏は異常

暑すぎてTシャツを脱ぐ男性

真夏の日本列島は想像を絶する暑さに見舞われる。

私が住む東京も最高気温が37℃とか、もう溶けてしまうんではないかというほどクソ暑い日々。

だからといって仕事をしているわけだから、毎日ショートパンツで過ごせる訳もなく、我慢してパンツを履いて出社している。

私は仕事柄、服装は自由なので上半身はTシャツやポロシャツで出社するが、さすがにショーパンで会社に行くのは許されるはずがないし、そんな勇気も持ち合わせていない。

スラックスでも良いんだけど、個人的にあまり好きではないため結局ジーパンをチョイスする。すでに『第2の肌』と呼べるほど体に染みついているからだ。

真夏にジーパンを履くメリット

夏でもジーンズ

いくら第2の肌とは言ってみたものの、30℃を超える真夏日の中ジーンズを選択する理由が、他にもあるんではなかろうか?

いや、他にも理由があるから真夏の炎天下の中でも、デニムをチョイスしているんだろう。特に理由なく、暑さに負けて冷静な判断が出来ないだけではないのだ。

そこには真夏でもジーンズをチョイスする具体的な理由があった。

合わせる服を選ばない

デニムをチョイスする大きな理由の一つとしては、合わせる洋服を考えなくて良いことが一番の要因だと思う。

ジーンズほど万能性が高いアイテムは他には無く、特に時間の無い朝などは、まずはデニムを履いてから、上に着る服を考えるのが習慣となっている。

これほど素晴らしい洋服が他にあるだろうか?アスレジャーの勢いに押されているというデータもあるが、最終的にデニムに勝てるアイテムなど無い

これが私が30年以上、デニムを履き続けて行きついた結論である。

汚れが目立たない

ジーパンは汚れが目立たない

ジーパンは頑丈なのはもちろん、とにかく汚れを気にする必要が無い。スーツのスラックスや、明るい5ポケットパンツなどはこうもいかないだろう。

それに比べてジーンズは、汚れなんか気にする必要なく着用することが出来る。むしろ、汚れが新たな『』として深く刻み込まれるのがデニムの特性だったりするのだ。

まったく着て行く場所を考える必要がないため、とりあえず急いでいる朝などはデニムに合わせて飛び出して行ける。

汗をかいても目立たないし、本当に便利なアイテムだ。

生地が厚いから蚊に刺されない

分厚い生地のデニム

13oz(オンス)や14oz(オンス)など、デニム生地の『厚み』を示す単位を言うが、ジーパンは生地が厚いものが多いのも特徴の一つ。

だから夏場に履きたくないという意見も多いのだが、生地が分厚いことで有益になることも多い。その一つが夏場に悩まされる『』の存在だろう。

脚なんか刺された日には、直接掻きたくても掻けないもどかしさで、頭がおかしくなりそうになるくらいだ。

ジーンズであれば、そんな煩わしい思いをする必要もなくなる。意外にも、夏場にジーパンをコーデに取り入れる理由は、予想以上に多いことが理解していただけると思う。

スポンサーリンク

夏場のジーパンコーデ

Tシャツ×コンバース

グレーTシャツにジーパン、足元もグレーのコンバースデコーデした男性

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/

夏のジーパンコーデでの基本になる部分は、Tシャツ・スニーカーという王道コーディネートが中心になるだろう。

Tシャツのカラーをグレーに、そして足元のコンバースオールスターも同色のグレーにすることで、トータルで締まったコーディネートになる。

ただ、グレーは夏場は『汗染み』が目立つため敬遠されがちになるかもしれない。でも、下に白Tなどで重ね着する等で大分緩和される。

当然、ある程度引き締まった体形でないとTシャツを着ても様にならない。それを解消してくれるのも重ね着が果たす役割の一つになる。

ホワイトデニム

リネンのシャツにホワイトデニムをコーデする男性

https://jooy.jp/

メンズでも王道コーデの中心になってきたホワイトデニムに、夏らしくリネンのシャツをチョイスしたコーディネート。

足元はロールアップしてサンダルを合わせる事で、真夏っぽさを演出できるし、シャツのカラーはホワイトと抜群の相性があるネイビーも取り入れたいところ。

いずれにせよ、ホワイトデニムはコーディネートの中心に位置する存在になるため、自分に合った一枚を揃えるようにしておこう。

こちらの記事も参考になると思う。

白パンツのコーデを制する者が冬のメンズファッションを制す!!
最近、街では冬でもホワイトパンツを履いた男性を、多く見かけるようになった気がする。 この2年前位から夏の限定アイテムだったホワ...

デニムレギンス

デニムレギンスにTシャツ、ニューバランスのスニーカーをコーデする男性

http://otokomaeken.com/

アスレジャーが流行ることで、メンズにもデニムレギンスを取り入れたコーディネートが増えてくることが予想出来る。

スウェットデニムなんてものも、最近では取り上げられて来ているし、デニムの着心地が嫌いな人にとっては取り入れやすいアイテムの一つでもある。

スポーティに、ロゴなどを排除した無地Tシャツにデニムレギンス、足元には少しボリュームのあるスニーカーを合わせてみても面白い。

アスレジャーについては、こちらの記事を参照してほしい。

アスレジャーとは?スウェットが市民権を得る時代【デニムを超える?】
アスレジャーとは・・・何? ここ最近にかけて良く耳にする言葉だが、アメリカ発信のニューウェーブともいえるアスレジャーフ...

デニムオンデニム

デニムにデニムシャツをコーデしたスタイルの男性

http://u-note.me/

デニムにデニムシャツをコーデした、通称『デニムオンデニム』の着こなしは、オシャレ上級者でないと変なコーデに見えてしまう。

何よりも、上下を同色で合わせてしまうとメリハリが付かず、ただのダサイ人で終わってしまうことが多い。

上下同色でも、オシャレに見せる事は出来るんだけど、合わせ方やサイジングが上手くないと格好良く見えない。

まずは、リジットデニム薄いブルーのデニムシャツをコーデするのが、夏らしくもあり失敗も少ないと思う。

足元はシンプルにオールスターや、VANSのスリッポンなどがコーデしやすいので持っておきたいアイテムの一つになる。

デニムシャツについては、こちらの記事を参照してみてほしい。

デニムシャツコーデはメンズの基本!!この4種を押さえる
引用元:メンズセレブファッションニュース なんだか暑いんだか、寒いんだか良く分からない天気にさらに雨もパラつく今日この頃。こんな一日に...

スニーカーが気になる人は、こっちもどうぞ

白スニーカーは最強のコーデアイテム?メンズ・レディースともに夏冬イケる!
何で白いスニーカーはこれだけ魅力があるんだろう? 私が好きな靴というのは、基本的に白いスニーカーかスエードシューズに限られると...

デニムショーツ

デニムショーツにTシャツ、スニーカーをコーデする男性

http://mensdrip.com/

デニムショーツであれば、夏場にジーパン履きたくない人でも取り入れられるアイテムだ。

Tシャツ・デニムショーツ・スニーカーなんてスタイルが夏らしさも感じられるし、実際に涼しいしこれ以上ない組み合わせだと思う。

手持ちにある履かなくなったデニムをカットしてしまえば、簡単に手に入るしコーディネートとしておかしくないかを試すにはうってつけの方法だ。

まとめ

夏場にメンズがジーパンを取り入れる必要性が、少しは分かったのではないだろうか?

太ももに張り付くというデメリットはあるものの、着る服を選ばないコーディネートの部分はワードローブが少ない人にとって、これ以上ない選択肢の一つなのではないだろうか。

単純に『暑いから』という理由で、ジーパンをタンスの奥にしまい込むのはひとまず止めておこう。

ジーンズサイズについてはこちらの記事も参考になると思う。

ジーンズのサイズ選び方について一番重要なのは何?
ファッションに一番欠かすことの出来ないアイテムとは何だろう? この疑問に回答出来るのはただ一つ、デニムしかない。日本では昔より...

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です