水色に合う色を探せ!レディース秋冬の流行色『水色』をコーデに取り入れる

水色のチェスターコートに黒のジョガーパンツにアディダスのスニーカーを合わせる女性

http://matome.naver.jp/

水色』と聞くと春夏を思い浮かべてしまう人が多いと思う。

でも、今年の秋冬の流行色は水色が来る。のかはイマイチ確証が持てないが、この鮮やかな色を取り入れることで冬場のコーデが明るくなる。

ワンポイントに使うにはこれほど便利な色もないだろう。でも、このワンポイントになる水色には何色が合うのだろうか?

水色に合う色なんてあまり考えた事も無かった。だからこそ、水色に合う色を知ることが2016年秋冬のファッションシーンをいち早く捉えることができるのだ。

今回は水色に合う服について紹介させていただこう。

スポンサーリンク

水色に合う色とコーディネート

ロングPコートx黒パンツ

ロングピーコートx黒のクロップドパンツをコーデする女性

https://stylehaus.jp/

オーバーサイズのロングPコートに黒のクロップドパンツを合わせる。足元には少し華奢な感じのヒールを合わせてコーディネートは完成。

足元も水色で統一することで一体感を損なわず、ワンポイントとしても機能している。シャツも同系色でコーデすることで上半身は上品に、全体としてはふんわりとやわらかさも併せ持つ。

色合いが淡い水色になるだけでコーディネートが新しく見えるから不思議、この辺が面白さでもあるけれど。パンツに黒を合わせると他の色が際立つし、メリハリがつく。

ニットxグレーパンツ

水色のニットにグレーパンツをコーデする女性

https://jp.pinterest.com/

水色に合わせるカラーの中で、最適なものを一つ上げるのであれば間違いなく『グレー』というのが結論だ。

グレーの少しゆったり目のパンツに白シャツを合わせ、最後は水色のニットをコーデして完成だ。

オレンジやイエロー等でも合うんだけど、少し派手な印象は否めない。自然なビジネス空間にもマッチするのが水色の役割なんだろう。

ニットジャケットxホワイトデニム

水色のニットジャケットxホワイトデニム

http://matome.naver.jp/

ホワイトデニムにボーダーカットソーをコーデ、最後は薄い水色のニットジャケットを着ることで全体的に明るい雰囲気に。

ジャケットがネイビーだとマリンテイストが強くなり、薄い水色だから明るさを感じる。冬だからとモノトーンやダークな色合いになりがちだが、水色を取り入れることで見え方は大分かわる。

小物のクラッチバッグとシューズもホワイトにすることで全体的な統一感がうまくバランスできてるね。

チェスターxスカート

薄手の水色チェスターxスカートを合わせる女性

http://matome.naver.jp/

冬に水色を合わせるのに最適な組み合わせの一つ。基本的に、水色のアウターを合わせるだけで大分明るい印象になるので他のアイテムを真反対のカラーで統一すると、水色がより強調される。

インナー、パンツに暗めの色を合わせることで、アウターが際立つ。この組み合わせであれば寒々しく見えることもなくバランスも良い。

足元のショートブーツと黒のキャスケットが上下で違いを演出している。アウターの他にバッグをホワイトにすることで水色が浮かないような配慮もグッド!

ワントーン

淡い水色のワントーンコーデ

https://locari.jp

女性らしい雰囲気が上手く表現できるのが意外と水色なんじゃないだろうか?

オーバーサイズの淡い水色のニットにミニのプリーツスカートを同色でコーデ、インナーのシャツカラーや足元のパンプスに至るまで濃淡で違いを出しているだけ。

コノカラーバランスが絶妙だとかなりの上級者に見えるし、濃淡の差を間違えると残念な人になってしまう。諸刃の剣みたいなものね。

この辺はバランス感覚になるのと、適当に家にあるものでコーデすると1色だけ合わないみたいなことは良くあること。

常に意識しなければいけないのは、『色の濃淡のバランス』だ。

チェスターxブルーデニム

水色のチェスターxブルーデニムのコーデをする女性

https://candypot.jp/

これまた言うまでもなく水色との色合わせとしては、鉄板のコーデカラーだ。

ブルーデニムは同系のカラーということよりも、何に合わせてもイケてしまう万能性は以前よりお伝えしている通り。

インナーのカットソーは水色と相性抜群のグレーを合わせ、クラッチバッグもモコモコ感の強いグレーで統一。

コーデカラーが重くなる冬場こそ、明るい水色にチャレンジしてみることをオススメする。

スポンサーリンク

トレンチxデニム

水色トレンチxデニム

http://milanda.net/

アウター違いでチェスターの次はトレンチコートをピックアップ。

これだけきれいなブルーのトレンチコートをコーデする人を私は見たことが無い。ブラックやベージュカラーがメインのトレンチも水色を選ぶことで全く別物に。

トレンチコートという括りではくくりきれない雰囲気だ。普通のトレンチカラーを持っている人は新しいカラーを試してみても良いと思うよ。

ブルー系統の色が持つ『清潔感』『聡明さ』を出したい時にはピッタリのカラーと言えるだろう。

黒トレンチxグレースカートx黒スニーカー

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88

アウターに使うには少し勇気が必要という人ならば、インナーから試してみることから始めよう。コーディネートのワンポイントで使うくらいの気持ちであればプレッシャーにもならない。

アウターや下半身にダークカラーをコーデしつつ、インナーのカットソーとスカートに水色を取り入れてみるといいと思うよ。

その中でも限りなくグレーに近い水色をインナーに、スカートを少し薄いグレーを合わせる。こっちの方がしっくりくるという人も多いと思う。

ネイビージャケットxホワイトパンツ

ネイビージャケットxホワイトパンツ

https://jp.pinterest.com/

水色をインナーカラーとして取り入れるのが春夏でも多く見られるパターン。水色は特にシャツで使うのが定番、これほど爽やかさを演出できるアイテムも他には見当たらない。

メンズの記事でも取り上げたが、水色はシャツとして着た時の破壊力が抜群、これは女性だろうと関係なく言えること。

合わせる色合いとしたら、ホワイト・ネイビーなどが無難なラインであり定番なので、使いやすさ含めコーデしやすいアイテムの一つだ。

シャツワンピース

シャツワンピース

それ一枚で主張出来るアイテムの一つとして取り上げるとすれば、シャツワンピースが上げられると思う。

これ一枚で様になるし、合わせるコーデアイテムもそれほど悩むことがない。忙しい朝、頭が働かないときなどは、これ一枚にインナーは適当というのが時短コーデ。

合わせる色合いはホワイト等、特にスニーカーで全身カジュアルにまとめるのが外さないコーデの定番だろう。

まとめ

ベージュのニット帽に水色のコート、デニムをコーデする女性

http://fashionlovers.biz/

水色に合う色、コーディネートを思いつく限り紹介させていただいた。

これからの秋冬の季節にワンポイントで取り入れるもよし、アウターなどメインで使うのもよし、意外に合わせる人を見ないのでおススメと言えばおすすめだ。

気を付けるべきは濃淡の差で、ここをうまくコントロールできると全体に統一感が出てまとまった印象を与えることが出来る。

是非取り入れてみてほしいコーデアイテムの一つと言えるだろう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です