ワントーンには法則がある?オススメのレディースコーデ7種も紹介!

ネイビーブルーで統一したワントーンコーデの女性

http://mery.jp/

ここ数年で注目されているコーディネートの一つに『ワントーン』でまとめてしまう着こなしが流行っている。

これは単純に単色ですべてをコーディネートすること。

ちょっと前では難易度高そうとか上級者向けなんて思われていた人も多いと思う。

でも、7つのポイントだけ押さえておけば簡単に着こなす事が出来るだろう。うまく取り入れる事が出来れば、相手に与える印象はまったく変わる。

「あの人ってあんなに洒落者だったっけ?」

単色コーデは『ノッペリ』見えてしまうというリスクが高いため、今までは敬遠されがちだった。

でも、それは間違い。法則に則ってコーディネートすれば間違いなくあなたの新しい一面を引き出してくれるだろう。

今回はそんな魔法のようなワントーンコーデ7つの法則と、具体的なオシャレコーデを紹介させていただこう。

スポンサーリンク

魔法のワントーンコーデ7つの法則

異素材ミックス

ワントーン異素材ミックス

http://blog.baycrews.co.jp/

素材の組み合わせが変われば見え方はまったく変わる。ニットとスウェット、レザーにデニムなど、合わせやすいアイテムが多い事に気付くと思う。

この異素材ミックスのワントーンコーデは基本的な部分なので、初めに取り入れるのであればこの辺から手を出してみてはいかがだろうか。

濃淡を変える

トップは薄いグレー、ボトムは濃いグレーのワントーンコーデをした女性

http://angie-life.jp/

『ホワイト』とひとことで言っても、その種類は無限にある。

アイボリーに近い生成りがかった色合いや、ちょっと薄い感じのグレー味がかったものまで、スーツとは異なりまったく同じ色にはならないものの方が多い。

この濃淡をハッキリとさせる事で、スタイルに奥行きが出る

上半身にコンプレックスがある人は、トップに濃い目、ボトムは少し淡い色を組み合わせる事でスッキリ見える。

色合いで見え方が全く変わる事を覚えておこう。

流行アイテムを取り入れる

大流行のアニマル柄スリッポンを取り入れたワントーンコーデの女性

https://locari.jp/

いきなりワントーンでまとめると言っても、抵抗がある人も多いのが事実。

そんな人は、まず流行りのアイテムを一つ取り入れてみることをオススメする。流行のものに視点を向けさせる事で、ポイントとなる部分を分散させる手法だ。

コーディネートに違和感を感じさせることなくすんなり自分のスタイリングに溶け込んでくれるだろう。

反対色の小物使い

オールネイビーのワントーンコーデに袖口だけホワイトを使った着こなしをする女性

https://4meee.com/

小物だけ色使いを変える方法もある。これも視点を分散させる手法の一つ。

全身ブラックで統一しつつも、アクセサリーをホワイトにする、クレリックシャツなどで襟と袖口だけ違う色のものにする等、視点分散の手法を用いればコーディネートの幅も大きく広がる事が分かってもらえると思う。

手首・足首・デコルテライン

身体の一部分を表に出すことで、スッキリ見えるのは着痩せの記事で紹介したものと同様の手法だ。

特に手首・足首という身体の中で一番細い部分を表に出す事で、その肌色自体がワンポイントになるという究極の色使い。

7分丈のアイテム需要はまだまだ続くと予想される。

靴は別色でOK

オールベージュのワントーンコーデにピンクのヒールを合わせる女性

http://magazine.cubki.jp/

最後は『靴』について。ワントーンだからと頭の先から爪先まで一色でコーデするのはやり過ぎとも捉え兼ねない。

それに足元が最後のバランスを決める重要なポイントになることまで含めて考えれば、別の色を取り入れる事が無難とも言える。

この部分は素材や組み合わせの仕方によっても見え方は違うため、ダメとも言えない難しい部分。

でも、ワントーンに靴は入らないと頭に入れて置くだけで時間がない朝一のコーデなどで迷う時間が減らせると思う。臨機応変に対応しよう。

スポンサーリンク

ワントーンコーデ7選

ニットxスキニーパンツ

グレーのニットにグレーノスキニーパンツというワントーンコーデにまとめた女性

http://wear.jp/

ユルいサイズ感のニットにパンツは流行のカットオフのスキニーでまとめたコーディネート。ワントーンでまとめつつも足首を見せた効果的な視点分散の方法でうまく着こなせている。

足元はスキニーをよりシャープに見せるように黒のコンバースでシンプルに、バックにはホワイトを用いることでメリハリをつけている。

お団子ヘアーもポイントの一つになってるところも参考にしたい部分だ。

チルデンニットxスカート

白いチルデンニットに白いスカートをコーディネート、靴下も白でまとめたワントーンの女性

http://news.livedoor.com/

オールホワイトでまとめたワントーンコーデ、チルデンニットを合わせることで首元、袖口のラインに視点を向けられる。

異素材スカートに足元も淡いグレーのヒールを合わせることで、全身がスッキリをとした印象に。白い靴下を合わせたことも統一感が出て良いよね。

これだけ甘い女子力満点なコーディネートに、まったくテイストの違ったクラッチバックを合わせるあたりがポイントの一つだね。

セットアップ

ネイビーのセットアップでワントーンコーデする女性

https://likes-work.com/

ネイビーカラーのピンストライプセットアップをコーデした女性。

オフィスカジュアルでも比較的使えそうなコーディネートのポイントは、ホワイトのアイテムを合わせたところ。

パンプスとバッグをホワイトにすることで、暗くなりがちなネイビーのコーディネートが一瞬で明るい雰囲気に。

オールネイビーは『清楚』『落ち着き』『信頼』を与えてくれるカラー。ファッションでは必要不可欠なベースカラーなだけに上手く取り入れることが出来れば、良い印象を与える事ができるだろう。

オールホワイト

オールホワイトのワントーンコーデをした女性

http://fashion.visjp.com/

春らしさが際立つオールホワイトのワントーンコーデ。『ホワイト』という膨張色でまとめた細い人でないと難しそうなコーディネート。

ポイントはジャガードのセットアップにあるのだが、サイズ感がタイトな分スッキリした印象を与えられることと、足元も同色のホワイトにまとめていることが必須。

オールホワイトで足元黒なんてのはナンセンス、ここは全て白で統一しよう。少しゴツ目のエアフォースなどのスニーカーを合わせた方がバランスが取れると思う。

キマレばこれほど印象に残るコーディネートもないだろうし、目立ちたい人には良いと思う。

デニムxデニム

デニムオンデニムのワントーンコーデをする女性

https://locari.jp/

デニムオンデニムを忘れていた。

これぞ王道のワントーンコーデと呼べるだろう。一時はダサイ人間しかしないコーディネートという位置付けだったが、ここ数年見直されたコーデの一つだ。

春先に取り入れたいコーデの中でも上位に位置するデニムオンデニムは、着こなし方もバリエーションが豊富。

上手に取り入れれば、着回しの面でもワードローブに取り入れられる物が増えると思う。

ニットアップ

グレーのニットアップでワントーンコーデした女性

上下ニットで統一した『ニットアップ』のコーディネート、去年注目を浴びた着こなしは今年も健在。

ワントーンコーデ通じるものもあり、ユル感と新しいシルエットで春も十分取り入れることが出来るのは間違いないだろう。

上下ユル感、ここでヒールなどを合わせてバランスを取るよりも、ユル感を貫き通すスニーカーコーデをオススメしたい。

ハイカットのオールスターなどで合わせれば、ピタリとはまることが分かってもらえると思う。

まとめ

ワントーンコーデを上手に取り入れて着こなしの幅を広げよう。

今年も引き続きこの流れは続くことが簡単に予測出来るし、デニムオンデニムのように昔から取り入れられてきたコーデの一つなのだ。

『ニットアップ』や『スカーチョ』などの、ここ最近のトレンドキーワードの着こなしとも相性は良い。

ベージュやライトグレー・ホワイトあたりでまとめるのが春先には良いだろうし、オールブラックでシックにまとめることも有りだと感じる。

比較的簡単に取り入れられるものが多いので、上に挙げた魔法の法則とコーデ例を参考にあなたらしいワントーンコーデが見つかると思う。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です