大人カジュアルはフリークスストアが絶対おすすめ!レディース秋冬コーデを紹介

フリークスストアロゴ

大人カジュアルなコーデとは何?

定義は様々あるかもしれないが、ここでは30代~40代手前の女性が普段着として主に休日に着ても恥ずかしくないコーディネートを指す言葉とする。

今回紹介するフリークスストアって、今までの私の勝手なイメージからすれば、20代半ばくらいの女性が好んで着るイメージが強かった。でも、その取扱いアイテム詳細を見ていくと30代大人の女性にこそ、着こなしてほしいと思うように考えが変わったのだ。

というよりも、最近の30代は昔の30代よりも遥かに見た目で若い人が多い。ほとんど20代と変わらない、・・・とも思う。

今年のフリークスストアおすすめのアイテムを踏まえ、大人女性が着てこそ映えるもの、そんな秋冬レディースカジュアルコーデを選んでみた。

『着回し』視点も合わせて選んでいるので参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク

大人かわいいレディースカジュアルコーデ10選

レザースタジャン

スタジャンコーデがキマっている大人(30代)女性
レザースタジャン/27,000円

今年の秋冬アイテムの中でも売上げナンバー1なのがこのレザースタジャン。カラーはカジュアルになりすぎないブラックレザーのシンプルなデザイン。

シンプルだからこそ、そのクオリティが如実に出てしまうのがこの辺のアイテムの悲しい性か。その辺はまったく問題なく、しっかりとしたメルトン生地に肉厚だがしなやかな羊革を使っているので着た時にゴワつきは無く、第2の皮膚のような感覚。

フリークスストアレザースタジャンに薄いカラーのデニム、ショートブーツを合わせた女性のコーディネート

大人の女性だからこそ、シンプルに素材の良さを活かしたコーディネートを心掛けよう。

パンツは最高に相性の良いブルーデニムでも、ブラックデニムは少しシックにしたいときに着回せばよい。今年流行りのカットオフを合わせる事で今風に落とし込むことができる。

レザーブーツはやはり黒で上下を統一し、デザインはサイドゴアが他用途にも使えるのでおすすめだ。

ロングカーディガン

アンゴラ混モヘヤロングカーディガン
オーガニックコットン混ニットロングカーデ

オーガニックコットンの優しい触り心地が最高のロングカーディガンは、大人女子のコーデに必須のアイテム。

着回しの面でみても、着るものに困ったときなどチャチャっと羽織って出かけることもできる。パンツにもスカートにも両方いけちゃう。

ネイビーのロングカーディガンでコーディネートする女性

一見カジュアルなスタイリングしか合わせずらそうにも見えなくないが、シックにネイビーをチョイスすることで雰囲気はガラリと変わる。

作りは東北で高度な技術を持った職人が編み上げているので、クオリティは最高レベルだ。この辺のものを安くあげてしまうと大人が着るものとして見た目で厳しいものになる。

ざっくりしつつも、素材は特に気にしてほしい。だからこそバランスの取れたフリークスをおすすめする。

ワッフルカットソー

ワッフルロングスリーブプルオーバー
ワッフルロングスリーブプルオーバー

この時期になると暑いんだか寒いんだか良く分からない気候の時があるね。そんな時にはワッフル地のロングスリーブなカットソーなんかがピッタリだ。

これ一枚でも十分様になるし、この上にアウターを羽織れば防寒性も十分に確保できる。何よりもシンプルで着心地が良いから最高!そしてヘヴィロテにも耐えられる耐久性

ワッフルロングスリーブプルオーバーにカーキのパンツを合わせたカジュアルコーデをする女性

シンプルに、そうシンプルにコーデはまとめよう。あまりガチャガチャしない方がすっきりしていて大人な印象だ。

ワンポイントにチェックシャツを羽織ってもいいし、腰巻きにしてアクセントに使ってもいい。冒頭紹介のスタジャンのインナーとしてもピッタリ。

この辺はいくらでも合わせに困ることはないので、色違いで持ってると色々と便利だ。

タートルネックニット

ウール サーキュラー タートル ニットを着た女性
ウール サーキュラー タートル ニット

縫製からこだわって作られたタートルネックニットは、サイズ感も今にぴったりなゆったりシルエット。

この手のニットにありがちなのが、分厚くて暑い、だから着心地が悪い。

天然素材の高品質ウールを贅沢につかいながらも、袖は7分とかシームレスな部分があったりと着心地に対する配慮がたくさん工夫されている

タートルニットにデニム、スーパースターを合わせた女性

このままスタジャンでもロングカーデでもいけちゃうし、このままでもシンプルだし動きやすいから子供を追いかけるなんてシーンもお手の物。

忙しい中でも素材や合わせるアイテムにこだわりを一つ入れてみよう。シンプルなものほど、クオリティにこだわってみたらどうだろう。

きっと『普通が普通じゃなくなる』ことを体感できると思うよ。

リバースウィーブT

チャンピオン×フリークスストア 別注リバースウィーブTシャツ

チャンピオン×フリークスストア 別注リバースウィーブTシャツ

ここ最近様々なセレクトショップが別注しているチャンピオン、アスレジャーの波に乗り久しぶりに表舞台に上がって来たチャンピオンは夏の快進撃に続き、今冬も目玉アイテムの一つと呼べる。

その中でもパーカーや肉厚なものよりは、少し薄めの9.4オンスと気軽に着れるタイプのものをチョイスしてみる。

リバースウィーブTにチェックスカートをコーデする女性

今年も引き続き流行カラーのグレーで統一、ボトムはパンツよりもチェックスカートを合わせることでスポーティさを軽減した。

足元はサイドゴアをチョイスし、着回しにも問題なく対応できる。秋の雰囲気を感じつつ、暗いトーンにならないように上手くグレーを使い分けよう。

パーカー

Americana別注HOOD SWEAT

Americana<br>別注HOOD SWEAT

これがフリークスで見た中で結構ツボにはまるアイテムだった。いたって普通のパーカーと言われてしまいそうだけど、適度な古着感はパーカーでは大事な要素で、おとな女性が着こなすにはサイズ感は小さめが旬だ。

ロゴも主張し過ぎないものになってるし、左手スウィーブ上にあるロゴもアクセントになっていて良いね。

Americana別注HOOD SWEATをコーデする女性

カラーは一番被るだろうグレーは外し、ダークネイビーをチョイスする。深みのある色合いを持って来ることでカジュアル感を抑え大人の女性に合った雰囲気にまとめている。

パーカーは何よりも素材とサイズ感が重要で、コーディネートする時には野暮ったくならないように注意しよう。

アメリカーナのパーカーにベージュのワイドパンツを合わせたコーディネート

上半身がタイトなだけに、下半身も同様のコーデをするのも良いんだがワイドシルエットを合わせて20代の若者とは少し異なる落ち着きを表現しよう。

ベージュの爽やかなワイドパンツは色合いの絶妙さは言うまでもなく、トーンが落ち着いているのでやんちゃに見えない。

足元はスーパースターで着回せるし、手持ちのワードローブと合わせて考えて足していく要素を考えてみるのも面白いね。

デニムジャケット

コーンミルズデニムジャケット

コーンミルズデニムジャケット

今の時期にピッタリのデニムジャケットはコストパフォーマンスの高いものとなっている。伝統的なLEVI’Sの3rdデザインを用いたシンプルなもの。

デニムのクオリティに関しては、REDCARDの本澤氏がディレクションしていることもあり間違いないものとなっている。

デニムジャケットにタートルネックニット、ベージュパンツを合わせたコーディネートの女性

薄いカラーよりも、これからの秋冬に着ることを見越せばワンウォッシュをチョイスするのが着回しのことを考えてもベストな選択。

白いニットはタートルでも代用できるし、ベージュのガウチョを合わせて鉄板シルエットを作るもよし。

冬場はインナーとしても活用できるデニムジャケットは、一枚あると使い回しができる分、コーディネート自体に必須と呼べるアイテムの一つだ。

ダウンベスト

フリークスストアxロッキーマウンテンのダウンベスト

ROCKY MOUNTAIN/ロッキーマウンテン Christy Vest

ロッキーマウンテンのダウンベストはいわば一生モノと呼べるアイテムの一つだろう。

モンクレーは一生モノという割にはデザイン性が多用すぎて、今や良く分からない存在になっているが、このダウンベストの形は完成されたもので、大きな変更は今後も考えられない

それだけ完成されたシルエット、羊毛のボア部分と一枚革で作られたヨーク部分も永遠不変のデザイン。価格は高いが、それには理由があるわけだ。

ROCKY MOUNTAIN/ロッキーマウンテン Christy Vestをロングデニムスカートと上手にコーデする女性

カラーは断然ベージュをチョイス、これに白のインナーを合わせるコーデが個人的に好き。

ロングなデニムスカートを合わせる事で、大人女性を演出できる。短いスカートよりも長いものが今の気分にもピタリとはまるね。

あまりモコモコしてないし、少し肌寒い時にアウターは暑いけどダウンベストはちょうど良いなんて日が多いのが11月かな。

これ買うと財布が寒くなるけどね・・・

シングルラムレザージャケット

シングルラムレザーライダースジャケット

毎年着ることを考えると、今年流行りになりそうなダブルよりもシングルのシンプルなものを持つことをオススメする。

シングルを持ってる人はダブルでも良いんだけど、ただでさえハードなイメージが強い分、少しでもすっきりと見せたい人は断然シングルだ。

ラムレザーのやわらかい素材は体にピッタリのサイズ感でも苦しくなく着こなせる。価格帯も、クオリティ含めて考えると妥当なライン。

ハードな素材のレザーだからこそ、フェミニンなワンピースと合わせる事でそのハードなデザインが逆に活かされると思う。

インナーのワンピースは軽やかな素材のものを選択し、足元はレザージャケットと同色のブラックのサイドゴアブーツで締める。

コーディネート方法はまさに『無限』なので、色々な組み合わせの中から好きなスタイルを作り上げていこう。

リアルムートンフードコート

リアルムートンフードコート

リアルムートンフードコート

ムートンは最高に温かい、しかし本物のムートンは最高に『価格が高い』とも言い替えられる。

そんなムートンの最高の暖かさ・デザイン性を確保しつつ、プライスをギリギリまで抑えたのがフリークスストアのオリジナルモデル

保温性・防寒性ともに文句の付けようのない仕様、付属にグローブまで付いてきてしまう素晴らしさ。

リアルムートンフードコートを着込む女性

カラーはブラック・グレー・キャメルとどれも捨て色がなく、はっきり言って選べない。

最近サプライズプレゼントをしていないかみさんへのプレゼントとして、この辺をチョイスしてもいいのかなー。

リアルムートンフードコートにデニムを合わせたシンプルスタイルの女性

スタイリングはパンツだろうが、スカートだろうが合わせるものを選ばない

ロンTにデニムなんてシンプルな着方がおすすめか?やっぱり温かさが他のアウターとは違うからインナーは薄いものでも寒くない。

よって着ぶくれを抑える事にもつながる。

着丈・身幅のバランスが絶妙だし、長く着られるデザインなのでムートンのアウターを狙っている人には最高におすすめしたい逸品だ。

まとめ

フリークスストア人気のダブルライダースジャケットを着こなす女性

フリークスストア自体あまりチェックしているお店でもなかったが、他同レベルのセレクトショップと比較すると全体的なバランスが良いお店なのかなと。

特にアウター・インナーともに私が女性だったらほしいものばかり。いやメンズで同様のデザインのものがあれば買ってしまうと思う。

素直に長く着れるシンプルなもの、クオリティと価格のバランスが取れているものが多いという印象だった。

次のスタンダードとしてどのようなアイテムが出てくるのか、今後の展望が期待される。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です